読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8年間引きこもっていたら統合失調症と診断されました。

統合失調症と診断された元引きこもりの覚え書き。

2017年3月19日

もうブログも飽きてきました。陽性症状の頃に考えていた諸々のことを記したいのですが、抽象的な思考力が落ちてきた感じがしてろくに考えられなくなりました。最近本を全く読まなくなったのも大きいと思います。代わりに絵ばかり描いています。今はキュアマカロンのスケベ絵に取り組んでいます。Pixivで同人作家としての実力を示すための絵です。結局、漫画家もアシスタントもやめて同人作家として食っていくことを目指す羽目になりました。トホホ。

 

何度かTwitterを辞めようとしたのですが、結局ノコノコ戻ってきてしまいメンヘラ特有の辞める辞める詐欺常習犯になっています。ついダラダラネットばかり閲覧してしまう癖のせいで全く集中力がない。Twitterは適当にクソみたいなことを呟けばふぁぼという承認がお手軽に得られてしまうので、承認を得るための努力が必要なくなってしまう。実に不毛だと思いますが、それでも「他者」との接触という実感が得られることは何物にも代えがたいのも事実。実際、ネットでイキるのをやめたわたしなどは「あ、はい」と「そうですか」としか自己表現しない不気味な機械でしかなくなるため、自我が極めて貧困になると同時に他人との疎通性も消失した石ころのような無機的存在になってしまうのです。それに伴い今までに考えていたアイデアなども消失してしまう感じがします。「他人に伝える」ということがおそらく言語や他のあらゆる創造的活動の根源にあるのであり、その他者への回路が閉ざされれば、あとは妄想的に他者を捏造するしかなくなるのではないでしょうか。事実あの例の体験とはそのようなものでもあったと思います。だから他人は重要。他人に伝えるという意識も重要。

 

まあしかし、仮にエロ同人作家になったとしても、それでどうなるのだろうという虚しさは変わりません。昔ちょろっと同人CG集を販売した時は引きこもりだったのですが、結局その状態に後戻りするだけじゃないですか。何も環境は変わらない。金が稼げればそれも変わるのかもしれないけれど、さすがに一人暮らし出来るほどの収入が得られるとは思えない。実家暮らしは脱出できそうにないです。

しかしこれも障害者の限界なのかもしれないし。まあ、一般企業で立派に働いている障害者の方もたくさんいるはずですが、わたしなどは8年引きこもりというどうしようもない落伍者なのであって、そんな人間に許される道はそう多くないのです。だからエロ同人しかない。